鶴見鋼管株式会社
HOME 会社案内 製品紹介 製造工程・設備概要 お問合せ
会社概要 沿革 経営方針 当社の特色
会社案内
当社の特色
広範な製造可能範囲を有しておりますので、
多産業分野のお客様の御要望にお応えすることが可能です。

製造可能規格の広がり

当社は、炭素鋼鋼管とステンレス鋼鋼管の両方の冷間引抜加工技術と製造設備を有して
います。従いまして、製造可能規格は大きな広がりを持っております。

炭素鋼鋼管は、ほぼ全てのJIS規格鋼種の冷間引抜加工が可能です。
ステンレス鋼鋼管は、オーステナイト系のみならず、フェライト系、オーステナイト・
フェライト二相系、マルティンサイト系のほぼ全てのJIS規格鋼種の冷間引抜加工が可能です。
ステンレス鋼鋼管は、鋼管JIS規格以外の快削鋼、高耐熱鋼、高耐食鋼の冷間引抜加工
も可能ですので、お問合せください。
高合金鋼鋼管では、コバール(KV-6)、インコネル600等の冷間引抜加工が可能です。
従来技術的に困難とされてきた、チタン管の冷間引抜加工に成功しましたので、お問合せください。

 

広い製造可能寸法範囲

常備のダイスは7,000枚、プラグは50,000個を有しております。この組合わせで
外径・内径・肉厚を作り分けしますので、大部分の冷間引抜鋼管の需要にお応えできます。

炭素鋼鋼管は外径6.0mm〜150.0mm、肉厚は0.5mm〜15.0mm、ステンレス鋼鋼管は外径は3.0mm〜165.2mm、肉厚は0.3mm〜15.0mmと、非常に広い寸法範囲の冷間引抜加工が可能です。
光輝熱処理鋼管(ステンレス鋼、高合金鋼)の製造可能寸法範囲は、外径3.0mm〜34.0mm、肉厚0.3mm〜3.0mmです。
チタン管の製造可能寸法範囲は、外径17.3mm〜60.5mm、肉厚0.5mm〜3.2mmです。

 

特殊用途用の寸法・形状・表面精度要求対応

用途によっては、JIS規格の公差を上回る品質が要求されます。そのような高度な品質要求
がある場合は、ご遠慮なくお申しで下さい。

当社の技術力、設備装備力を駆使して高精度要求にお応えいたします。
常時お客様からの試作の御要請に応じさせていただいております。ご遠慮なく御用命下さい。

 

異形管・二重管の製造

お客様のコスト切下げニーズ(機械加工工程省略、材料費切下げ等)に応じた異形管・
二重管も製造可能です。形状等の具体例は、「製品紹介」の「異形管・二重管」をご参照
ください。

異形管、二重管につきましても、常時試作に応じさせていただいておリますので、お問い合せ下さい。当社の技術力がお役に立てれば幸いです。

 

二次加工体制

お客様での工程省略のご要請に添えるよう、炭素鋼鋼管、ステンレス鋼鋼管、およびチタン管の短片、短尺切断加工、U曲げ加工、研磨仕上げ、成形加工、表面処理等のご用命にもお応えできる体制を有しております。

 

品質保証

当社の品質保証技術力および品質管理システムにつきましては、次の認定等をいただいております。

日本工業規格表示許可、日本海事協会認定
ISO9001認証登録

次の検査および試験により品質を確認した上で、お客様にお届けしております。

寸法、外観検査
機械試験
渦電流探傷試験(規格または御指定がある場合)
曲り検査(  同  上  )
表面粗度(  同  上  )
金属組織試験(  同  上  )
腐食試験(  同  上  )

 

納期厳守・短納期注文・小ロット注文対応

納期は、ジャスト・イン・タイム納入指定と通常の納期指定の両方で御注文をいただいております。お客様の生産計画に沿って製造指示、生産進度管理面に、万全を期しております。

注文の変動が大きい品種・サイズに対しましては、適正な素材(素管)在庫を有する等、お客様の短納期要請に極力お応えできるよう心掛けております。
小ロット注文にも、お応えしておりますので御遠慮なく、お申込みください。

 

需要分野

当社の商品は、あらゆる産業分野のお客様に御使用いただいております。

トラック 乗用車 二輪車
燃料噴射管
燃料供給管
ヨーク材
油圧ジャッキ
ショックアブソーバー
シリンダー
工ギゾースト部品
ブッシュ
オイルシール部品
GDI、フューエルパイプ
フロントフォーク
ショックアブソーバー
シリンダー
エギゾース卜部品
   
レジャーボート 事務機器・通信機器 環境保全設備機器
シャフトステアリング
スぺーサー
ブラケット
コピーローラー
光ファイバー用コネクター
水処理用オゾン発生装置
配管(高耐熱)
配管(高耐食)
   
産業機械 化学・発電プラント 食品・鉄道車両・地質調査
シリンダー
各種ロール
油圧配管
織機用部品
熱交換器
配管
シリンダー
食品設備用配管
試錐管
   
精密機器・計測機器    
熱電対シーズ管
計装配管
   

 

Copyright 2005 TSURUMI STEEL TUBE CO.,LTD. ALL right reserved.